啓発の意味、意味ある自己啓発とは。

ライザップゴルフ
啓発の意味

啓発の意味

自己啓発を理解するためにも、言葉のルーツを理解する必要がある。
自己啓発は自分で啓発すると理解できる。
では、啓発の意味をしっかり捉えていきたい。
啓発と聞くと、何かしら教えてくれる、何かしら気づきを与えてくるというイメージを持ちがちです。
実際に、自己啓発セミナーに行くと、いろんな気づきからいろんなことを教えてくれます。

しかしである。
啓発の意味の由来はもともと孔子の言葉から始まっている。
みなさん、孔子は名前は聞いたことはあると思います。あの有名な論語を書いた中国の思想家であります。
その論語の中に啓発の本当の意味が書かれている。

啓発とは、「憤せざれば啓せず、悱せざれば発せず」(『論語』述而編)という言葉から生まれている。

読み方は「ふんせずんばけいせず、 ひせずんばはっせず」
これは、当時の孔子の弟子に対する教育方針である。

具体的な意味としては、
「①弟子が自発能動的に学び、悩み苦しんで、わからないことに胸が張り裂けそうになって、はじめて先生として教えてあげられる。

②また、弟子は、教えたことが本当の意味は理解ができる。しかし、理解はできても、それをうまく伝えたいのだが、どう言えば分からない時に、先生はもつれを解いてあげます。」というのが、孔子が伝えたかった本当の「啓発の意味」である。

孔子の教育方針として、すぐには答えは教えず、自分から自発的に学びに行き、悩み抜いていかないと、本当の理解はできないと考えております。
また、孔子の中で「実践」に重きを置きます。理解だけしていても、それでは宝のもちぐされになってしまうので、伝えるなり、行動するなり実践しなさいと教えてくれます。

意味ある啓発とは、

意味ある啓発とは、まさに孔子が教えてくれた、「まずは、とことん自己を高めるために必要なことは何なのか考え抜き、①理論を理解して、②実践を意識して、行動しなさい」ということである。

興味本位や軽い気持ちで学ぼうとするなどもってのほかで、「本気で自己を高めようと思わなければ、やってもやらなくても同じですよ」という孔子の厳しい熱意が、ひしひしと伝わってきます。
「やるからにはとことんやりなさい、とことんやるから自分を高められる、また高貴な人格が磨かれるんです」と、訴えてきているようにも思います。

意味がない啓発は自己満足で終わってしまうことである。
自己啓発本や自己啓発セミナーにいって、なにかしら成長したと満足してしまい、アウトプットをしないのでは意味がない。
意味があるのは、一般的な「形式知」ではなくアウトプットして経験を積んで得られた「経験知」の蓄積である。
経験知は人生にとって何ものにも変えられない財産になる。

結論、生半可な気持ちでは、自己啓発をやることはできません。改めて、本当の「啓発の意味」を噛み締めながら、具体的に実践していきましょう。

 

啓発関連メモ

よく間違えやすい類義語「啓蒙」を紹介します。「啓蒙」は、「ものを教えて導き、意味無知なものに新しい知識を与え、向上させること。」。
啓蒙は、やってあげるという意味が強く、啓発は、自らの自発的にやるというのが意味の違いになります。

啓発の付く関連キーワードは、世間にはたくさんあります。
例えば、自己啓発、啓発セミナー、人権啓発、啓発運動、節電啓発、防災啓発、予防啓発、
安全啓発、啓発推進などなどである。いずれも人生にとってプラスに働くように自発的行動を促していく意味合いが多いです。

一般的に「啓発」でよく使われるのが「自己啓発」。
英訳すると、「自己啓発」=「self-developement」(セルフデベロップメント)

また、似た意味合いでは「セルフプロデュース」、「セルフマネジメント」などもある。

「自分を高める」の意味では「improve myself」(インプルーブ マイセルフ)
自分を高める以外にも、類義語として自分探しをする、自己実現を目指す、自己啓発に励む、自己を磨く、人格を磨く、
自分磨きをする、アイデンティティを確立する、自己変革する、自己実現をめざす、などもあります。

啓発関連の名言・格言

松下幸之助氏 ~自己啓発関連の名言・格言~

「苦労は買ってでもせよ」

「人間の知恵というものは、しぼればいくらでも出てくるものである。」

「土俵の何百倍かの努力を、毎日たゆまずやってはじめて、1分の土俵で勝負を決する際に効果が表れる。」

もうこれでおしまい、もうこれでお手上げなどというものはない。日頃の努力が大事なことを教えてくれる。

稲盛和夫氏 ~自己啓発関連の名言・格言~

「人生というドラマにおいては、自分を主役にして脚本を書いた人と、

目的意識もなく惰性で生きた人とでは、たいへんな違いができるのです。」

「前向きの姿勢で熱意に満ちた努力を重ねれば、たとえ才能に恵まれていなくても、

素晴らしい人生を送ることができるようになります。」

「可能性とはつまり「未来の能力」のこと。」

普通の人でも、人生において自分をどれだけ主役として目的意識を持つことができるかどうか、

その意識変革が自己を啓発していけるかの鍵となる。可能性は大いにあるが自分で自分の可能性を

低評価してしまうのことは非常にもったいない。一番の敵は自分の思い込みであることを改めて自覚したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライザップゴルフ

関連記事

最新記事

  1. bitcoinPAKU5990_TP_V4
    仮想通貨・暗号通貨とは ビットコイン、仮想通貨、暗号通貨等々、ビットコインに関する話題が広がってま…
  2. PAK85_pinktecyoutohusen500
    自己啓発を促す有効な手段として、資格に挑戦する方法があります。 資格に挑戦することで、仕事にも…
  3. image
    今話題になっている自己啓発セミナーがあります。自己啓発セミナーというぎょうぎょうしいものではないので…
  4. 記憶,復習
    記憶力を高める復習の効率的なやり方について 復習しなさい!とよく先生にも、上司にも言われたこと…
  5. 情報収集
    情報を取りに行く積極的情報収集術 現代は情報社会と呼ばれ、マスメディアやインターネットからいろんな…

ピックアップ記事

  1. b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_s

    自己啓発セミナーに行ってみたシリーズ|情報商材編

  2. 記憶,復習

    記憶力を高める復習の効率的なやり方について

  3. 8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_m

    揺るぎない「決断力」「判断力」をたかめる脳内物質とは。

  4. bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_m

    やる気が出ない時にやる気を出させる方法

ページ上部へ戻る